上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一か月も更新してなかったんだろうか・・・
広告の記事が勝手に書かれてました。


3DSの感想も書こうかと思いましたが、ゲームソフトがあれなので延期まーす。
かわりに、発売日には買い損ねていた「キャサリン」というゲームを買って、EDまでいったので感想。



キャサリン 特典 サントラCD付きキャサリン 特典 サントラCD付き
(2011/02/17)
PlayStation 3

商品詳細を見る






ゲームのジャンルはパズル??
ただ、じっくり考える系ではなくて時間内にひたすら足場を動かして上へ上へ登っていくゲームです。


コツをつかむまでトライ&エラーしまくって、イージーモードですがなんとかクリアしました。
ちなみに難易度はリトライ回数に影響します。



雰囲気とかが良さげだったため買ったのですが、そこまでストーリーは長くないです。
どちらかと言えば、パズル自体をやりこんでいくゲームなので、昔の単調なゲームを極める~みたいな方にお勧めですね。

オンラインでランキングなども出るのでやりがいはかなりあると思います。
ただ、逆に今時こんなパズルゲーかよ、難易度難しいと言った声もあるので賛否両論。完全に人を選ぶかと・・・。




というか、これぐらいしか感想言えないです;;


現在、ある条件を満たすと出現するステージを攻略中。1面で積んでます・・・。
150段登るのですが、明らかにストーリーより難しいですので、ここらへんでやりこみ要素が大きいですね~。


私も久々にがっつりゲームやってます。
RPGとかFPSとかも良いけど、たまにはこういったゲームも良いですね~。
スポンサーサイト
今年もラノベを読むペースは遅いかも・・・。


1月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2132ページ

機巧少女は傷つかない3 Facing 機巧少女は傷つかない3 Facing "Elf Speeder" (MF文庫J)
本質はやや暗めの話だと思うのですが、主人公がモテモテすぎて、ニヤニヤはできなくもなく、その部分で話全体が明るくなり読みやすいですね。戦闘はやや短く、描写も想像しにくいような気がしました。技の名前が凝り過ぎて分かりにくい-特に主人公サイド-のが微妙かも。とは言っても、全く分からないわけではないので、許容範囲ではあるが・・・。MF文庫は挿絵が多いので、キャラの名前と顔が一致し、覚えやすいためこの作品とマッチしているのが嬉しい。
読了日:01月25日 著者:海冬 レイジ
生徒会の八方  碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)
ついに深夏デレた!!いや、生徒会のメンバー全員が鍵のことを好きなのは確定だが、それを表にしていく(本人が気づく)となるということですね。全員がデレたら最終話なのでしょうか?ただ駄弁ってるギャグラノベが基本で、展開などあまりないように思ってましたが、着々と進んでるように思える。そういったギャグ系は少ないのではないかと・・・。飽きてきてる気もしてましたが、まだまだ続きの巻を読みたくなるシリーズですね。
読了日:01月24日 著者:葵 せきな
緋弾のアリアVII 火と風の円舞(キャスリング・ターン) (MF文庫J)緋弾のアリアVII 火と風の円舞(キャスリング・ターン) (MF文庫J)
格闘、射撃、狙撃、3つが協力しての戦闘はかっこいい!!私自身、FPS(ゲーム)が好きで、武器や戦闘スタイルのバランス重要性は何回も考えてますし、実銃の名前を使うこの作品はやっぱり面白いですね。次の巻からはまた新しい話が始まりそうですが、展開も少し飽きてくるので、捻った物語を期待してます。戦闘の描写は面白いので、そこだけでも十分に楽しめますけどね~(笑)
読了日:01月23日 著者:赤松中学
灼眼のシャナ〈21〉 ((電撃文庫))灼眼のシャナ〈21〉 ((電撃文庫))
ただでさえ名前覚えてにくいので、日にちが空くと・・・。それでも読んでる内に作品の中に入り込めてしまうのは21巻も続いてるだけのことはありますよね。全面戦争が終わって、今度は少数での戦い。ここのところずっとクライマックスな感じで、毎回読み終わるたびに次の話が気になります。吉田さんなど、人間も絡む一方、フレイムヘイズも徒もメインキャラが集中して熱い!!この戦いで作品終了なんでしょうか?終わりも見たいし、終わってほしくない感情もあって・・・。とにかく続き読みたいです
読了日:01月23日 著者:高橋弥七郎
バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)
最後の最後に明久と瑞希の関係発展!?でもこういったラブコメ系は進んだと見せかけて次の巻で振り出しに戻ったりするから・・・。試召戦争は作戦と言うよりなんかめちゃくちゃで、これはこれで面白かったですね。次の巻にも続いているのかな?
読了日:01月22日 著者:井上 堅二
ヘヴィーオブジェクト採用戦争 (電撃文庫)ヘヴィーオブジェクト採用戦争 (電撃文庫)
戦闘やオブジェクト(ロボット)においては、細かい描写があって思わず想像力を使わされました。しかし、描写だけでは実際には存在しないオブジェクトの形がなかなかはっきり出来ないので、できればカラーで挿絵とかが欲しかったですね。ヒロイン的なポジションのキャラもいますが、恋愛面ではドロドロになってないので、純粋にアクションを楽しみたい人にもお勧めかもです。
読了日:01月22日 著者:鎌池 和馬
傾物語 (講談社BOX)傾物語 (講談社BOX)
http://snipetomy103.blog85.fc2.com/blog-entry-286.html
読了日:01月15日 著者:西尾 維新

読書メーター

ラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー (サントラCD+ビジュアルブック) 付きラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー (サントラCD+ビジュアルブック) 付き
(2011/01/27)
Nintendo Wii

商品詳細を見る






まず、大雑把な感想としては「それなりに楽しめた。」「期待していたぐらいだった。」です。

ストーリーの内容は王道ですし、特に不満点はありません。特に、話を含め、雰囲気がやや暗めではあるが、ドロドロとまでいかない丁度いい感じで。私は好きな系統です。

グラフィック、キャラデザ等ですが、ほんの少し時代をさかのぼった印象が強かったです。キャラデザ自体は良かったですが、やはり、ぶっちゃけPS3をやった後にWiiのゲームをすると、画像の綺麗さが段違いでどうせなら・・・とは思わずにはいられません。

もちろん、私はグラがすべてではないと考えてます。実際、昔のゲームを今でも楽しんだりもしますし。それでも、この時代に出したからにはもっと綺麗な画質でプレイしたかったというのが本音です。


続いて、システム面について

はじめに、プレゼンテーション、デモンストレーションを生で見てました。
買うきっかけになったのはそれなので、今後ゲームを作る場合もああいう企画は是非やってほしいです。

やり始めた時に戸惑ったのはコントローラ。
敵の方に倒すと攻撃がやりづらくて仕方がない。ヒット&ウェイで敵の背後にまわろうとしたら、勝手に攻撃したりして。アクションがすごくやりづらかったです。あれは一番なんとかしてほしかった。


そのデモを見ていた時から不安だったのは、結局ワンパターン戦闘になるのではないか?というとこでした。
実際やってみて、期待していたギャザリングを駆使した戦術や、その時々に応じたギミックなどを使った敵への対処の仕方はとても面白かった。
久しぶりに新鮮な感じを味あわせて貰えて、とてもよかったです。

それから、不安だった飽きる点も、最後まで特には感じなかったです!!
キャラは強くなると新しい技を覚えて、戦術の幅が広がりますし、弱点も時間差でヒントが出るとか
確かに、主人公が受けて、味方を十分に使うという点ではワンパターンでしたが、ボス戦ごとにキーとなる味方が違うので、面白かった。

難易度も丁度良かった。
ボス前にはレベル上げの場所もあったし、積まない、進めなくならないようへの配慮も考えてあり、私は大丈夫でしたが、苦手な方も安心して遊べたのではないかと・・・。

強いてあげるなら、自由度がやや少ないでしょうか?
オンラインだけではなく、サブクエストをもう少し増やすのも良かったかと。
ちなみにクリア時間は20時間でしたので、それを考えても1週するのにあと5時間ぐらいは欲しかったです。

それから、服装でパーツの付けはずしは発想は良かったが、服の種類をもっと増やしてほしかったですかね。


最後に、オンラインですが・・・。
正直微妙・・・。

協力は良いんですが、対戦がねー。
戦略が面白いゲームなんで団体戦ならともかく、デモで見せていただいたような個人戦は・・・。



以上です。
なんか、指摘ばっかしてる感じになりましたが、面白かったのは事実です。
もっと良い作品作れると私は思ってます。(偉そうですいません)

期待して次の作品を作ってくれるのを待ってます!!
ustreamでミーティング見てました。

理解できた機能を書いておきます。

http://www.ustream.tv/channel/kotaku-japan%E5%AE%9F%E6%B3%81#utm_campaign=twitter.com&utm_source=6033914&utm_medium=social



PSP2(仮) 正式名はNGP


リークされてたのとは違い、スライド式の画面ではない。

アナログスティックは2つで、今のより使いやすい形だとか
どうやら倒れるアナログ=PS3のコントローラに近いか!?


解像度は4倍、大きさは一般的なスマートフォンの2倍


両面タッチパネル

ジャイロセンサ有
(NGPを持って回ると、ゲーム内の視点も周る)

UMD廃止、専用メモリーカード対応


Wi-Fiと3Gに対応

GPS機能などを使って、色々やばい↓
地域ごとにやってるゲームランキングとかも表示

目の前にいる人がなんのゲームをやってるかが分かる
(PS3のプロフィールみたいなのが、すれ違いでも見れる感じ)

DLならPSPのゲームも遊べる


PS3で動かしてたゲームをほとんどそのまま持ってきてもNGPは動く!!


発売日は年末






これはほんとにやばいです・・・

発表見てて感動しましたもん


単純にゲームだけ楽しむ俺からすれば、どっちでも良い機能とかもあるけど
それでもこのスペックは半端ない。



PSP2と言うよりかは、PS3をポータブルにした感じですね!!

傾物語 (講談社BOX)傾物語 (講談社BOX)
(2010/12/25)
西尾 維新

商品詳細を見る


“変わらないものなどないというのなら―運命にも変わってもらうとしよう”。迷子の小学生・八九寺真宵。阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは―!?“物語”史上最強の二人組が“運命”という名の戦場に挑む。



やっと読めましたよ、傾物語!!

表紙の通り、八九寺真宵がメインの話だと思いながら読んでいたのですが、真宵ちゃん自体はそこまで出てこないという展開。相変わらず何を書いてくるかよめない西尾維新作品。。。

それにしても、化物語シリーズでまさかタイムワープ的な事をするのには驚きました。時間移動、タイムワープ、こういった系を使ってる小説は腐るほどありますが、そのシステムの内容は作者それぞれ。
過去をいじったら現代は変わる、変わらない。タイムパラドックス。過去の変動は誤差となり、世界はその誤差を修正できる・・・。

色々な説があり、オリジナルや偉い人の論文などから持ってきたり。
西尾維新さんはどんな設定でくるのだろうと思いましたが、過去をいじっても変わらない?→変わった?→並行世界?
次々と変わっていき、結局最後は違う世界へしか移動できないってことでしたね。

いやいや、こいったタイムワープ系は好きなので、それを化物語シリーズでやってくるとは思いませんでしたが、非常に面白かったです。

別の世界の真宵ちゃん=成長した真宵ちゃんを見れたのも嬉しかったですし、最後の「幽霊になったことは不幸せです。でも、阿良々木さんに会えたことは幸せです。」には思わず涙を・・・。

偶然で過去に行ったことをきっかけに真宵ちゃんを救おうとする。だけどそれはいらない行為だった。
結局は、今歩んでいるルートが幸せである以上、過去を変えてまで人を幸福にしようとするのは間違いだったんでしょうか?
全く無駄な行為ではない。それもあってこその新しい今であると思いますが。現実はタイムワープもできない。

過去がどんなことがあっても、今のルートしか歩けないから、そのルートを歩くということを教えてくれる話でもあったと思います。




はい。
相変わらず書きたい事がめちゃくちゃになりましたが、感想終了。

次の作品もすごい楽しみです!!
2010年に読んだラノベまとめです。

読書メーターに書いたこと、ブログ記事にした場合はそのページのURL書いてあります。
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。






去年の後半はあんまり更新できていませんでしたが、今年はもう少し書けるようにしたいですね。
感想とかももっと上手く・・・。




挨拶だけで終わらせるのもあれなんで、去年のアニソンで好きな曲をリスト。

カウントダウンは終わってますけど。今年も良い曲がたくさん出てほしいですね!!






・Now loading...SKY!!

・My Secret

・HELP!! -Hell side-

・HIGHSCHOOL OF THE DEAD

・GRAVITY Ø

・君のままで

・絆-kizunairo-色

・光の旋律

・irony

・できるかなって☆☆☆

・正解はひとつ!じゃない!!

・PHANTOM MINDS

・My wish My love

・My Soul,Your Beats!

・Utauyo!!MIRACLE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。